新百合ヶ丘こどもクリニック

小児の診療、予防接種、健診、育児相談

HOME
予防接種
子どもの健康
育児
ひとりごと

1歳未満から開始する予防接種

 ここ数年で予防接種の種類が増え、どのように予定を立てればよいのか迷っておられる方も多いと思います。生後2カ月になったら、ヒブ、肺炎球菌ワクチン(プレベナー)、B型肝炎ワクチン、ロタウイルスワクチンを開始し、3か月からは4種混合ワクチンが必要になります。1回1種類のワクチン接種では頻回に医療機関を受診することになり、母子ともに負担が重くなります。
                                                                                                                                                                 当院では、ロタワクチン以外に3本の同時接種を勧めています。予防接種はできるだけ早い段階で接種をおこなうことで、乳児の重症感染症を防ぐことができます。赤ちゃんに一度に3本も注射をするのはかわいそうと考えるかもしれませんが、赤ちゃんの命を守るためには、必要なことなのです。同時接種によって副反応が強くなることはありません。
10年以上にわたる海外での成果をみれば恐れる必要はありません。
赤ちゃんを早い段階から重症感染症から守ってあげましょう。

1歳以降からの予防接種

定期接種ワクチン
(接種費用は無料)


 、BCG、麻疹風疹2種混合ワクチン、日本脳炎ワクチン、ジフテリア破傷風2種混合ワクチン、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン、子宮頸がんワクチン、ポリオ不活化ワクチン、4種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオワクチン)、水痘ワクチン

BCGは、2016年4月からは個別接種になります。他の予防接種同様、窓口に電話して予約してください。


B型肝炎ワクチンは、日本においてはB型肝炎保因者の母親から生まれた乳児に対しては公費でワクチン接種が行なわれてきましたが、最近ではすべての乳児にワクチン接種をする流れになっています。以前は、感染者の血液に接触することにより感染し、日常生活では感染することは稀といわれてきましたが、最近では、汗や唾液などでも感染する可能性が指摘されています。とくに、乳幼児期に感染すると保因者になる確率が高くなり、将来の肝硬変ー肝がんが発症するリスクが高まります。ほとんどの先進国では、生後2カ月から、B型肝炎の予防接種を実施しています。平成28年10月からは、1歳未満の乳児に対して、定期予防接種として認可されました。家族や同居者にB型肝炎の保因者がいる場合
出生直後からの早めの接種が可能です。かかりつけの医療機関に問合せしてください。

2014年12月時点における任意ワクチン
(接種費用は有料)


 おたふくかぜワクチン
、ロタウイルスワクチン、A型肝炎ワクチン

 ロタウイルスワクチン :冬に多く見られる乳幼児の胃腸炎の原因ウイルスにロタウイルスがあります。特に乳児期にかかると、下痢、嘔吐で脱水になり入院になることも珍しくありません。途上国では、乳児の主要死因にもなっており、ワクチン接種が大きな成果を期待されています。衛生環境の良い日本でもロタウイルスは冬に蔓延する傾向があり、
ワクチンによって恩恵を受ける子供たちは少なくないと思います。ただ、現在は任意のワクチンであり、費用も2回で3万円ほどしますのでチョット考えてしまいますよね。
乳幼児の健康を守るためには、1日も早い国からの補助を期待したいです。
ロタウイルスワクチンは、当院では生後3カ月未満までに1回目の接種を開始することを勧めています。4か月過ぎての1回目の接種では、稀ながら腸重積の頻度が高まるといわれているからです。


 
 予防接種に関しては、後進国といわれてきた日本ですが、ようやく先進国並みに予防接種が整いつつあります。ただ、他国と異なり自費接種しなくてはならないものがまだまだ存在します。子どもたちの予防接種に経済格差があってはならないと思います。子どもたちの健康を国が守るのは当然のことでしょう。少子化対策に本腰を入れていただき、全員が必要な予防接種を受けることができるようになってほしいものです。